株式投資の基本

アナリストと株価

アナリストは、企業を分析し適正な株価を割り出して買いや売りを推奨することが仕事です。 ですから、アナリストが、「この株は割高だから売りだ」と発表すれば、株価が暴落することはよくあります。 逆に「この株は割安だから買いだ」と判断すれば、株価は...
株式投資の基本

安全域

安全域とは、投資においてのゆとりのことを言います。 ある人がいうには、海で荷物を波打ち際におくと濡れてしまう可能性がありますが、ゆとりを持って海から離れた場所においておけば濡れる可能性が低くなるというたとえを用いています。 投資の世界でも同...
株式投資の基本

レバレッジ効果

レバレッジ効果とは、少ない資金でより多くの資産運用をすることが出来る効果のことを言います。 例えば、株式の信用取引の場合、多くの証券会社で手持ち資金のおよそ3倍の取引が出来ます。 FXでは数百倍のレバレッジをかけることが可能だったときもあり...
株式投資の基本

資産運用の必要性

現在、資産運用の必要性が高まっているといわれています。 主な資産運用手 段とされてきた貯蓄の魅力が著しく低下しているため、他の資産運用手段を見つける必要性が出てきたのです。 また、企業の年金も確定給付型から確定拠出型に変わりつつあったり、年...
株式投資の基本

株価チャートについて

株価がある種のリズムとサイクルを持って、一定の法則があるならば、その法則を見つけ出せば将来の株価が予想できるということになります。 株価が過去 のサイクルを繰り返すと仮定するならチャート分析も有効だといえます。 しかし、そのような法則で実際...
株式投資の基本

PBR1倍割れは割安か

 市場ではよく、PBR1倍を割れると「割安」だと言われます。 理論上は、会社を全部売り払ったときの金額を株価が下回っているということになるので、「解散価値」を下回った状態であるとも言われます。 例えば、1株あたり株主資本が1000円の銘柄が...
株式投資の基本

損切りはするべきか

 損切りとは、企業の業績や、市況に関らず、一定の損失が出た場合、自動的に株式を売却することを言います。ロスカットともいいます。例えば、1000円の株式が10%下がったら売ると決めていた場合、900円で売ることになります。  利点としては、損...
タイトルとURLをコピーしました