株式投資

低位株投資における分析対象

低位株投資における分析対象 世の中には、巨大企業がいくつもあります。 これらの企業は産業の根幹を担っており、もし破綻した場合には、一企業だけの問題にとどまりません。 連鎖倒産のリスクや、さらには一国の経済危機など様々な問題を引き起こす可能性...
株式投資

IPOとは何か

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、日本語では新規公開株を意味します。 新規公開株は、「儲かる」と言われますが、なぜ儲かるのでしょうか。 第一に、企業が意図的に公募価格を下げて、公募価格が企業自体の本来価値より...
株式投資

含み資産銘柄とは何か

含み資産銘柄とは何か 含み資産銘柄とは、取得原価が時価に比べて大幅に低い資産を資産規模に比べ大量に保有している銘柄のことを言います。帳簿上は、極めて低い取得原価でしか評価されていなくても、時価でみると取得原価に比べ大幅に高いため、企業...
株式投資

魅力的な業態と傾向

小売業投資の魅力と限界 小売業への投資では、大きな投資成果が得られることが少なくありません。特定の県にしか出店していなかった小売店が、成長し地方レベルまで出店を広げ、さらには全国展開をしていけば、あまり知名度のない初期段階に投資していた場合...
株式投資

資本政策のポイント

自社株買い 自社株買いは、株価が低迷している時期に行えば、合理的な株主還元策です。市場に出回っている株式が減少することで1株あたりの利益が増加し、結果的に株価が上昇します。企業が利益還元策の一環として自社株を行うのは、第一に、企業が市場に出...
株式投資

割安性を見極める

資産面と収益面から割安性を見極める 株式を評価する基準としては、2種類あります。資産価値と収益価値です。代表的な指標として、PBRが資産価値、PERが収益価値を示す代表的指標として用いられます。PBRとPERの両者で見て割安であるという銘柄...
株式投資

業績の先行きに懸念のある企業の傾向

技術力が収益力につながるとは限らない 企業の中には、多数の特許を持ち、技術力があることを企業の特徴としているところがあります。特に、総合電機メーカー系に多いようです。しかし、総合電機メーカーの収益力が素晴らしいかというと、全然ダメです。一方...
タイトルとURLをコピーしました