PBR

PBR=株価÷一株あたり株主資本
企業の資産から負債を引いて、発行株式数で割ったものを一株あたり株主資本といいます。
株価を一株あたり株主資本で割ったものをPBRといいます。
PBRは、PERと同じくらい頻繁に使われる指標ですが、会社を見る角度はずいぶんと違います。
PBRは、会社の株主資本というストックに基づいて計算される指標ですが、PERは、会社の利益というフローに基づいて計算される指標です。
PBRは、時価総額を株主資本で割った数値でもあります。
株主資本は簿価で時価総額は時価ですから、PBRは、市場で簿価の何倍で評価されているかを示しているともいえます。
ですから、株主はPBRが高く評価されるように経営者に経営してもらいたいと望んでいます。
PBRを見る際に注意するべき点は、2つあります。
第一に、PBRから見て割安な株があったとしても将来、その値が修正されるかどうかが問題です。
低PBRが将来修正されないとしたら、意味がありません。
第二に、PBRの低さが本物であるかどうかという点です。
余りにも低いPBRの場合、会社の財産は見かけだけであって、実際には存在しないという可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。