PER

PER=株価÷一株あたり利益
PERは、株式投資で用いられる指標の中では、ポピュラーなものです。例えば、1000円の株の1株あたり利益が50円だとするとPERは20倍になります。
PERが意味するところは、現状の利益が続いた場合、何年間で元がとれるかということです。
PERを使う上で注意しなければならない点もあります。
第一に、特別利益や特別損失のせいで本業とは無関係に一株当たり利益が変動し、その結果PERも変動してしまうという点です。
第二に、PERだけでは将来における一株当たり利益に変動が反映されないという点です。
一株当たり利益の増加が将来想定されるならば、PERは多少高くても正当化されます。利益成長力の大きな成長株のPERは多少高くても、将来性を考慮すれば割安となることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。