PSR


PSR=時価総額÷売上高
 PSRとは、Price Sales Ratioの略です。PERの代用の指標として用いられます。
ただし、PSRは利益の出ていない企業に対して用いられることが多いのです。
利益がない企業はあっても。売上高のない企業はありえないからです。
特に。ITバブルの時代のような、企業とは名ばかりの銘柄を評価する際に用いられました。
IT企業が成長し、今後利益が出ることを前提とした指標だったのです。
 はっきりいって、あまり役に立つ指標とは言えないようです。
よく言われますが、新しい指標が出てきたときには気をつけたほうが良いということです。
余りにも高騰した株価を正当化するために用いられることが多いからです。
 利益の出ていない企業は投資に値しません。
ですから、銘柄分析で”PSRで見て割安”といった表記があれば疑ってかかるべきでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。