タグ別アーカイブ: 株式投資

株式を公開するとは?

株式会社は日本全国に星の数ほどありますが、どんな会社の株式を買えるわけではありません。
株式会社は、日本全国に星の数ほどありますが、ほどんどが大きな資本を必要としていないため上場していません。
投資家が株を買えるのは、不特定多数の人から多額の資本を必要としている企業です。こうした企業は、企業の概要や業績などを広く公開し、一般の人に株を買ってもらえるようにします。
このように一般の人に株を購入してもらうことを株式を公開するといいます。
企業が株式を公開するためには、資本金額や株主数、業績など厳しい条件をクリアしなければなりません。
ですから、上場企業は、厳しい条件をクリアしたというお墨付きを得てステータスが高まり、優秀な人材を集めやすくなったり、商売がしやすくなりやすくなります。

株式会社とは何?

会社を経営していくためには、多額の資金が必要です。その資金をまかなうために、株式を発行している会社を株式会社といいます。
会社の規模が小さいうちは、自己資金や親戚や友人などから資金を集めることができますが、会社が軌道に乗って大きくなるとそれだけではとても足りなくなります。
 ここで、不特定多数の人から出資を募り、代わりに株券を渡すことで多額の資金を集めることが可能になります。出資に 応じてもらうことの代わりに株主に配当金を支払ったり、経営に参加してもらうことになります。つまり、株主になるということは、企業の一部を支配するということです。
 こうした仕組みで、企業は多額の資金を集めることができます。一方、株主も株式を買った後、株式をずっと持っているだけではなく売却することもできるので、よりよい投資対象があれば、株式を買い換えることもできるのです。このように、株式会社という制度は、会社と投資家双方にメリットがあるため、広く使われています。