医者と結婚したい?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

女性が男性医師と結婚する

同じ医師と結婚するといっても、結婚相手が男性医師か女性医師で大きく異なります。

女性によくあることですが、とにかく医者と結婚したいという方がいらっしゃいます。

医者ならたくさん稼ぐし、ステータスも高い。

そういうわけで楽して暮らせる!というやや短絡的な思考の方々です。

 

世間一般では、医者の社会に対する感覚はどうもずれていることが多いのです。

大学に入るまでにモーレツに勉強して、大学に入ってからもモーレツに勉強して、研修医になったら研修とともにバイトもモーレツにこなす。

そして、医師になったら、モーレツに働く。

とにかくモーレツになにかを成し遂げる能力は高いのですが、その分バランス感覚が足りない方が多い。

中にはバランス感覚が優れた人がいるにはいるでしょうが、そんな優良物件が売れ残っているはずはありません。

おカネは稼いでくるが、人としてどうだろうという人と、アナタは、添い遂げられますか?

 

なにより、医者は多忙です。

仕事に全力を注ぎ、余力で他の事をするようでなければ一流の医者ではありません。

周知のとおり、医者は過労死寸前で働いていることが多いのです。

家庭など省みていては仕事に全力を注げません。

 

一般女性が医者と結婚したいなら、おカネ以外は望まないことです。

何と言われようが、医者の平均年収はとにかく高いのは事実です。

どんなに薮だろうが、何かしら仕事の口はあるので、医師免許を持っていれば安泰です。

おカネと結婚するつもりなら、医者と結婚するのも結構。

 

男性が女医さんと結婚する

専業主夫になりたい男性に関してならば、女医さんはねらい目かも。

自分より女性が稼いでいても構わないよ!という方にもいいかもしれないです。

女医さんは3分の1が一生結婚できず、3分1が離婚し、3分の1が結婚生活を全うできると言われるほど、意外と結婚難です。

需給バランスが崩れているのです。

確かに女医さんは、性格もきつそうだし、なにより自分のプライドが保てないと考えている男性陣は多いはず。

私も、女医さんと何回かマッチングしましたが、性格がきつい女医さんは意外と少なかったです。

 

昔は、勉強が出来さえすれば医師になれました。

最近の医学部試験では面接試験で患者さんと向き合う態度が問われるようになり、一定の社会性が必要とされています。

研修現場でも患者さんと向き合う態度が徹底的に叩き込まれます。

その結果か、女医さんは意外とコミュニケーション能力が高めです。

でも、男性医師と同様、どこか社会とずれている人が多いのは事実です。

細かいことはどうでもいいから、とにかく稼ぐバリキャリ女性が好きという方であれば、選択肢の一つではあります。

タイトルとURLをコピーしました