婚活における人気職業とその限界

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

男性医師との結婚

医者と言えば、高年収高スペックの代表です。女性が医者と結婚したと言えば、鼻高々の婚活勝者と見られること間違いないでしょう。自分のプライドは満たされ、他人からの羨望を一身に受けるーそんな夢を抱いている女性は星の数ほどいます。なにしろ、バイトでも時給1万円は下らないという医師免許を持った旦那様さえ手に入れれば、一生安泰なのですから。万が一離婚しても、慰謝料をたっぷり踏んだくれば宜しいのです。開業医の家系であれば最強です。資産たっぷり、年収たっぷり。怖いものなしです。婚活アプリの費用月額数千円でお医者様とお近づきになれるとしたら、こんな安い買い物はありません。日本中の女性が婚活アプリをインストールしちゃいますね。

 

(まともな)男性医師が婚活アプリにいないわけ

・・・しかしよく考えましょう。他の女性が虎視眈々と男性医師を狙っている中、勝ち残れる自信はありますか?男性医師はとかく誘惑が多いのです。定番の看護師さんはもちろん、病院内には女性スタッフがたくさんおりますから、よりどりみどりです。当然、良家のお嬢様からの縁談もあるでしょう。医学部時代からのお付き合いの女性もいます。それら多数のライバルをはねのけて、医者の奥様の地位を獲得するなど容易なことではありません。

男性医師の視点から考える

星の数の結婚候補者がいる中で、わざわざ月額数千円のアプリで結婚相手を探すと思いますか?常識的に考えれば、その医師はよっぽどの変わり者で自分の生活圏では結婚相手が見つからない、ある意味問題を抱えた人である可能性がかなり高いでしょう。そんな人と仮にご縁があったとしても、結婚生活は長続きしないでしょう。慰謝料目当てならそれでもいいかもしれませんが・・・。或いは、遊び目的の可能性も十分あり得ます。月数千円で後腐れなく遊べるなら、これに越したことはないと思う男性医師は一定数いるでしょう。

それでも男性医師との出会いを望むなら

つまりは、どちらにしても月数千円程度の婚活アプリでは、男性医師とのまっとうな出会いは待っていません。そうなると、普段の生活で接点で医師との接縁がなければ、医師が真面目に婚活するようなハイスペック婚専用の結婚相談所に入るか、奇跡的な出会いに賭けるしかありません。ハイスペック婚の専用の結婚相談所に入会するためには、多額の費用が掛かりますし、厳しい審査があります。結婚に投資してもリターンとして見合うとは思いますが、やはり最終的にものをいうのは、本人の魅力です。月額数千円程度の婚活アプリで玉の輿♡なんて甘いことを夢見ていないで、もっと現実的な相手と結婚するか、婚活アプリに投資するお金で自分を磨きましょう。

男性医師との結婚はいばらの道

同じ医師と結婚するといっても、結婚相手が男性医師か女性医師で大きく異なります。女性によくあることですが、とにかく医者と結婚したいという方がいらっしゃいます。医者ならたくさん稼ぐし、ステータスも高い。そういうわけで楽して暮らせる!というやや短絡的な思考の方々です。世間一般では、医者の社会に対する感覚はどうもずれていることが多いのです。大学に入るまでにモーレツに勉強して、大学に入ってからもモーレツに勉強して、研修医になったら研修とともにバイトもモーレツにこなす。そして、医師になったら、モーレツに働く。とにかくモーレツになにかを成し遂げる能力は高いのですが、その分バランス感覚が足りない方が多い。中にはバランス感覚が優れた人がいるにはいるでしょうが、そんな優良物件が売れ残っているはずはありません。おカネは稼いでくるが、人としてどうだろうという人と、アナタは、添い遂げられますか?

なにより、医者は多忙です。仕事に全力を注ぎ、余力で他の事をするようでなければ一流の医者ではありません。周知のとおり、医者は過労死寸前で働いていることが多いのです。家庭など省みていては仕事に全力を注げません。一般女性が医者と結婚したいなら、おカネ以外は望まないことです。何と言われようが、医者の平均年収はとにかく高いのは事実です。どんなに薮だろうが、何かしら仕事の口はあるので、医師免許を持っていれば安泰です。おカネと結婚するつもりなら、医者と結婚するのも結構。

(補足)男性が女医さんと結婚することはねらい目?

専業主夫になりたい男性に関してならば、女医さんはねらい目かも。自分より女性が稼いでいても構わないよ!という方にもいいかもしれないです。女医さんは3分の1が一生結婚できず、3分1が離婚し、3分の1が結婚生活を全うできると言われるほど、意外と結婚難です。需給バランスが崩れているのです。確かに女医さんは、性格もきつそうだし、なにより自分のプライドが保てないと考えている男性陣は多いはず。私も、女医さんと何回かマッチングしましたが、性格がきつい女医さんは意外と少なかったです。

昔は、勉強が出来さえすれば医師になれました。最近の医学部試験では面接試験で患者さんと向き合う態度が問われるようになり、一定の社会性が必要とされています。研修現場でも患者さんと向き合う態度が徹底的に叩き込まれます。その結果か、女医さんは意外とコミュニケーション能力が高めです。でも、男性医師と同様、どこか社会とずれている人が多いのは事実です。細かいことはどうでもいいから、とにかく稼ぐバリキャリ女性が好きという方であれば、選択肢の一つではあります。

安定志向?公務員は最強か?

女性の医師信仰と同様に、公務員信仰にも根強いものがあります。安定安心高収入!というイメージがあるようです。特に目立った産業がない地方の場合、公務員以外のまともな仕事がないため、公務員がすごくモテるということもあるようです。離島やへき地などものすごい田舎では職がなければ、公務員がほぼ唯一といっていいほど地元に残る手段となります。

待ってください!

公務員といっても色々あります。おそらく、霞が関のエリートである総合職国家公務員をイメージしていますか?市役所や県庁のような地方公務員もあります。自衛隊のような特別な世界の公務員も存在します。年収200万円にも満たないくらい待遇が悪いと評判のある非常勤公務員も最近ではおります。最近は、教員のようにブラック職場であることが広く知れ渡っているような職種も存在します。実情を知らずして、公務員だから安心というのはあまりにも安易ではありませんか?

最近では、北海道の夕張市のように財政再建団体に転落(民間でいう所の破綻)して、公務員の待遇が大幅に引き下げられた事例もあります。近年では、いくつかの地方公共団体の財政見通しが暗く、財政再建団体に転落する可能性が示唆されています。公務員だからと言って安泰ではありません。

また、行政改革によって、旧社会保険庁が解体されたり、国鉄や電電公社、郵便局が民営化された事例も記憶に新しいところです。一生安泰だと思っていたのに、時の政府の意向によって公務員の待遇が失われることもこれからは考えておかなければいけません。

ホワイト職場の公務員を選ぶ

公務員と結婚したいのなら、本当にその職場がホワイト職場か調べましょう。ホワイト職場とは、労働に見合った対価が支払われている職場のことです。労働環境が良いため、定着率も高くなります。例えば、霞が関のエリート官僚は高年収を貰っていそうですが、意外とそうではなく、労働時間も極めて長いため、時給換算では安いのです。エリートと結婚したつもりが、主人はいつも仕事で、給料が安いという場合も十分あり得るのです。お相手の職場がホワイト職場かどうか調べるには、やはりお相手に聞くしかないでしょう。年収は、統計が充実しているのである程度推測できますし、結婚相談所経由なら詳細な数値も分かるはずです。

問題は労働時間です。これは、統計だけでは分かりません。時間きっちりに終われば公務員程美味しい仕事はなかなか見つからないでしょうが、実際は雑用も多く労働時間が長くなりがちです。何時から何時まで働いているのか労働時間をしっかりと確認しましょう。例えば、霞が関のエリート官僚が国会答弁の為に徹夜をしたり、雑事に追われていることは周知の事実です。事実として、民間企業の採用意欲の高さもあって、国家公務員総合職のキャリア組と言われる採用倍率は低下傾向にあります。

ひと昔前なら、国家公務員のキャリア組は莫大な退職金を受け取ることが可能で、天下り先と呼ばれる関連団体の要職を渡り歩いて退職金を手にすることも可能でしたが、コンプライアンス意識の浸透に伴い、以前ほどの旨味はなくなっていると言われています。確かに、公務員キャリア組の配偶者になれば額面上の高収入や名誉が手に入るかもしれませんが、実態は長時間労働で家庭の時間が取れず、家庭崩壊寸前という事態も考えられます。これでは、結婚した意味がお金と名誉しかなくなってしまいます。

一方、田舎の市役所は緩いところが多いです。部署にもよりますが、定時に出勤して定時に帰ることが可能な役所もまだまだあります。これで地方では平均以上の年収が貰えるとしたら、霞が関のキャリア官僚とどちらがよいのか分からなくなります。

要は、ワークライフバランスです。仕事ばかりでお金だけあっても仕方がないし、仕事と報酬のバランスが程よく取れている職場が理想だと言えます。言葉で言うことは簡単ですが、婚活をしている人がどのような生活を実現したいかに大きく影響するので、お相手の仕事のことはしっかりと聞きましょう。

公務員に近い待遇の職場も選択肢に入る

公務員だけにこだわるのではなく、安定した職場を選ぶなら、電力や通信などインフラ系統の職場も給与が比較的高く、就業時間もそれほど多くありません。また、独立行政法人など準公務員のような職場も好待遇の可能性もあります。経営が安定した私立大学の職員もねらい目です。最近では、転職や就職の口コミサイトが充実してきているので、お相手の働いている環境がどんなものか調べるために、利用してみるのも一つの手です。

タイトルとURLをコピーしました