履歴書や職務経歴書の書き方

この記事は約3分で読めます。

履歴書や職務経歴書とはなにか

履歴書とは、個人の基本的な情報、学歴、職歴、資格等を記述した文書のことを指します。主に、就職活動や転職活動の際に、企業への応募時に提出するもので、自身の基本情報を正確に伝えるための公式なドキュメントです。この文書は、採用担当者が候補者のバックグラウンドを理解し、適切な職務を提供するための基本的な情報源となります。

具体的には、履歴書には以下の情報が一般的に含まれます:

  • 基本情報:名前、生年月日、連絡先など
  • 学歴:卒業した学校、専攻した学部や学科、卒業年月など
  • 職歴:過去の職歴、雇用期間、役職、業務内容など
  • 資格やスキル:語学能力、専門資格、コンピュータスキルなど
  •  

志望動機や自己PR:自分がその職に適している理由、自分の強みや特技、キャリア目標など

職務経歴書は、個々の職務内容についてより詳細に記述した文書で、特に転職活動において重要な役割を果たします。それぞれの職務でどのような業務を担当し、どのような結果を達成したか、自身が関与したプロジェクトや達成した業績等を具体的に記述します。

職務経歴書には、以下のような情報が含まれます:

  • 過去の雇用先と職位:どの企業で、どのような役職を務め、どの程度の期間在籍したか
  • 具体的な業務内容:各役職で何を行い、どのような責任があったか
  • 成果や達成事項:具体的な成果指標、プロジェクトの成功例、自身の貢献度など
  • スキルと経験:特定の職務で獲得したスキル、使用したツールやソフトウェア、経験した業界や市場など

履歴書と職務経歴書は、応募者自身を最もよく表現し、自分が該当の職位に適していると企業に示すための重要なツールです。両者は一緒に使われることが多く、職務経歴書が履歴書の情報をより深く補完する形となります。

履歴書や職務経歴書は、転職活動において自分自身をアピールする最初のチャンスです。以下にそれぞれの書き方について詳しく説明します。

履歴書の書き方

  • 個人情報: 氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの基本情報を正確に記載します。
  • 学歴: 高校以降の教育歴を新しいものから記載します。
  • 職歴: 過去の就業経験を新しいものから記載します。会社名、職種、雇用期間を明記し、主な業務内容も簡潔に記述します。
  • スキルと資格: コンピュータスキル、語学力、専門資格など、仕事に関連するスキルや資格を具体的に記述します。
  • 自己PR: 自分の強みや達成した業績、キャリアゴールなどを簡潔に記述します。

職務経歴書の書き方

  • 各職歴の詳細: 各職歴について、会社名、職種、雇用期間、主な業務内容、達成した成果などを具体的に記述します。具体的な数字や成果を用いて、自分の能力や経験を具体的に示すことが重要です。
  • スキルと経験: 特定の技術やスキル、プロジェクト経験、リーダーシップ経験など、特定の職種や業界で求められる能力を具体的に記述します。
  • 自己PR: 自分のキャリアゴールや、自分を採用することのメリットを具体的に記述します。自分の職務経験やスキルが、どのように新しい職場で役立つのかを具体的に説明します。

これらの文書を作成する際には、具体的で明瞭な表現を用い、自分のスキルや経験を具体的に示すことが重要です。また、誤字脱字や文法の間違いがないように、完成した文書は必ずチェックしてください。

タイトルとURLをコピーしました