敢えて、結婚のリスクや離婚するときのことも考える

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

結婚のメリットリスクや離婚するときのことも考える

婚活をしているときは、結婚することが目的になりがちです。本当は、結婚をして幸せな生活を送ることが目的なのに、いつの間にか結婚がゴールになってしまい、結婚後のことを考える余裕がなくなります。あまり相手のことを見定めることなく、結婚さえすれば幸せになれると思ってしまったたら、失敗のリスクが高まります。

リスク管理の視点からは、相手と上手くいかないとして、離婚するときにどのようになるかも考えておく必要があります。結婚もしていないのに、離婚のことを考えるなんて縁起でもないと考える人がいるでしょう。離婚するときには、結婚するときの倍の労力が必要だと俗に言われます。離婚することが明らかな人と結婚して、苦労を後回しにすることのほうが余計に縁起でもない結果を生み出すのではないでしょうか。

結婚の際に離婚のことを考えことは、生命保険のようなものです。生命保険は人の死によって保険会社からお金が給付されることですから、死が関わっているとして縁起でもない生命保険を避けようとする人もいますが、縁起でもないことにより発生する様々なリスクを減らすことができます。例えば、残された家族が路頭に迷うとしても縁起でもない生命保険を避けますか?縁起でもないことを事前に考えておくことで、家族が救われることがあるのです。

離婚をすることで様々な苦労が発生するでしょう。面倒な役所の手続きや、家族関係のもつれ、様々な負の感情など、考えただけでもうんざりします。しかし、離婚するとどのようなことが待ち受けているのか知っておくことは、リスク管理の面からとても有用なことではないでしょうか。リスクを知った上で、結婚をするということが重要と言えます。

 

結婚することのリスク

責任感が増す

結婚をすることで、配偶者や子供を養わなければならず、責任感が増します。人によっては仕事にやりがいが生まれるかもしれませんが、場合によってはプレッシャーに感じ結婚が重荷になるかもしれません。責任感が増すことはリスクでもあり、メリットでもあります。

自由な時間やお金が減る

結婚をすると、独身時代のように自由にお金を使い遊びまわることはできません。配偶者や子供の面倒を見る必要が生じ、金銭的な制約が生まれます。時間やお金の管理がきちんとできるようになると考えれば、メリットであるとも考えられます。

離婚によるリスクがある

夫婦間に愛情が無くなり、離婚をする際には、慰謝料や養育費が請求されてしまう場合があります。金銭的なリスクの他に、離婚による社会的信用の低下や、子供の親権を失うことによる心理的喪失感が発生する場合があります。

結婚しないことのリスク

孤独な老後を送る可能性

孤独というものは、一般的には辛いものです。まして、老後を迎えて死が近づいてくると不安感も増してきます。老後を一緒に暮らせる人がいることで、人生に意義を見出すことができ、老後を有意義に過ごすことができるようになります。男性は孤独に弱いとされるので、配偶者の存在は大きいでしょう。男性は会社の中だけで人間関係を築いてきて、会社以外の人間関係が希薄になりがちです。女性が社会との接点となってくれる点は大きいです。

1人で過ごす淋しさ

人間は1人でいるとだらけてしまうものです。食事や洗濯掃除など、1人だとついいい加減になってしまい、生活が乱れてしまいます。いい加減な生活をしていると、健康にも悪影響があります。

病気やけがをした時に助けてくれる人がいない

病気やけがをした時に、病院に行けばいいかもしれませんが、親しく世話をしてくれる人は親族がいればいいですが、なかなかそういう人はいないものです。配偶者や子供がいれば、心強い味方になってくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました