都会の婚活田舎の婚活

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

都会の特徴

都会は田舎と比べると、所得水準が高めです。

また、婚活市場が大きいという特色があります。

ハイスペックな人から、そこそこのレベルの人までさまざまな人が婚活をしています。

また、趣味や学歴、年齢など多様な選択肢があることが特徴です。

選択肢が多い一方で、何を相手に求めるか、相手に何を提供できるのか軸がないと結局ご縁がつながらないという可能性もあり得るので、結婚観が重要になります。

 

都会の婚活で不利な点

都会ではとかく生活費にお金が掛かりがちです。

特に住居費は田舎と比べると多額に費用が掛かる為、ある程度の収入がないと生活が苦しくなります。

男性の場合、経済力が重視されるため、そこそこの稼ぎがないとなかなかご縁がないということになりかねません。

女性の場合もハイスペックな人とのご縁を得るためには自分磨きを怠ることができません。

上を狙えばきりがないという点から、婚活で疲弊してしまう人もいるようです。

ただし、それほど条件が重視されない中堅あたりの層が厚いことから、自分が譲れる条件を譲歩して、ご縁をつなげる可能性が広げることは可能です。

譲歩し過ぎると後悔することになる場合もあるので、何を譲れないのが自分の軸をしっかりと持っておきましょう。

 

都会の婚活で有利な点

都会には、学歴や年収水準が極めて高い人から、そうでない人まで多様な人々がいます。

ですから、自分に見合った人を見つけやすい傾向があります。婚活市場が大きいので、自分の強みを生かしたニッチ戦略を取ることが可能なのも魅力です。

例えば、マイナーな趣味を持っている人同士が共感してご縁になることもあり得ますし、専業主夫のようないまだマイナーな生き方を選択することもできます。

一方で、選択肢が多いということから、逆に相手が絞れないということにもなりかねません。

選択肢が多いので目移りしてしまって、結局ご縁がつながらないという展開も考えられます。

よって、自分が何を重視するのかよく考える必要があります。

 

都会の婚活で詰んだら

都会の婚活の魅力は多様性ですが、自分の強みを生かすため、敢えて田舎で婚活をするということも考えられます。

女性が重視しやすい年収や学歴などの強みが都会より田舎で活用できる可能性はあります。

例えば、年収が300万円しかなければ都会で暮らすことは難しいですが、田舎に行けば1人前の収入を得ているとみなされる場合もあり得ます。

都会でどうしても上手くいかない場合には、エリアを広げて田舎でのご縁を求めるということもありでしょう。

 

 

田舎の婚活とは

田舎と都会を比較すると、一般的には、田舎のほうが婚活市場が圧倒的に小さいという特色があります。

また、都会と比べると、所得が低めである傾向があります。

こうした状況で婚活を有利に進めるためにはどのようにしたらよいでしょうか。

 

田舎の婚活で不利な点

田舎における婚活の最大の問題点は、婚活市場が著しく小さいということです。

婚活アプリを見ても、都会であれば数千人単位が条件で出てくるような条件でも、田舎では数十人しか出てこないという場合があります。

都会では、数千人という巨大婚活市場があるので、ニッチな趣味やニッチなニーズに合致すれば、高学歴高年収でなくても婚活相手に選ばれる可能性を高くすることが可能です。

例えば、すごくマイナーな音楽家が好きだとか、専業主夫になりたいとか、そういうある意味珍しいニーズを満たせば、婚活を有利に運ぶことが可能です。

しかし、田舎においては、数十人しか対象人数がいないので、そもそもニッチ戦略を取るだけの婚活市場規模がありませんから、どうしても高年収の人や高学歴の人が有利になってしまいます。マイナーな趣味を表に出して活動しようとしても、趣味がある人と結婚したいというニーズを満たすことで婚活を有利に運ぶことは困難です。

 

田舎の婚活で有利な点

田舎の婚活では、高学歴高年収の人が相対的に有利です。

都会に行けば、高学歴高年収と言えない人でも、田舎では高年収高学歴とみてくれる場合があります。

例えば、都会では大学卒は珍しくありませんが、田舎の場合大学卒が有利になる可能性があります。

また、都会で年収500万円だとそれほど高収入であるとは言えませんが、田舎であれば年収500万円あれば高年収の部類に入ります。

つまり、婚活市場で最重要視されがちな高学歴高年収の相対的な価値が上がります。

つまりは、婚活のハードルが低くなりがちなのです。

田舎勤務で東京勤務基準の賃金が貰える人には有利になります。

 

田舎の婚活で詰んだらどうするか

田舎では、婚活市場が小さいので失敗すればあっという間に全ての相手か振られてそれ以上婚活を続けられない可能性があります。

対策としては、他の婚活サービスに登録することが挙げられますが、こちらも対象人数が少ないですから、根本的な解決になりません。

どうしても結婚がしたいということであれば、年齢や年収など条件を緩くしたり、近隣県でもOKとするようなある程度の妥協が必要となる局面があるかもしれません。

田舎の婚活でどうしても上手くいかず、都会に出ることが可能であれば、婚活市場の大きい都会に出るのも一つの手ですが、人生プランも関わってくるので、よく考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました